初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

引き出物の予算について

きっとあまり引き出物の費用について悩む事はないかもしれませんね。というのも、引き出物の費用については相場を意識している人が多い様で、最初に引き出物の費用を大体決定しており、その費用に該当する商品の中から引き出物を決めている人もいる様です。

引き出物は一点だけでなく、複数贈られる事もありますので、すべての費用を合計して考えたいですね。贈り分けをするのであれば、それぞれのゲストの事を考えて商品選びをする必要がありますので、時間がかかる事もあると思います。

時間がないのであれば、友人、親族、上司など複数のグループに分けて考えるのもいいかもしれませんね。いいと思う方法で決定したいですね。

美容グッズを引き出物に

ゲストによっては美容グッズを引き出物に贈る事も多く、この場合には女性がメインとなります。美容グッズを引き出物にする場合には、あまり好みが分かれる物は避けた方がいい場合もあるかと思われます。

また、美容グッズを引き出物にする場合には、肌が弱い人であっても使いやすい物の方が、利用しやすい事もあるでしょう。美容グッズを引き出物にすると言えば、コスメなども考えられますが、ポイントメイクのコスメは色などが好みに合わないという可能性も考えられます。ハンドクリームのセットなどであれば、どんな人であっても使いやすい場合が多いのではないでしょうか。ぜひ使ってもらえる様な引き出物を選びましょう。

引き出物の知っておくべきマナーについて

結婚式に多くのゲストを招待する場合に、特に気をつけたいのが引き出物です。 色々とマナーがあるので、失礼のないようにそのポイントを押さえておくとよいでしょう。

まずお互いの親族に向けた引き出物の場合は、後でもめる事のないように、それぞれのご両親の意見を確認しておきましょう。 予算や品物選びなど、地方によってもこだわりがあったりするものなので、必ず意見を尊重して決める事が大切です。 親族以外であれば、基本的にはご結婚されるお二人で心を込めた品物を選ぶとよいでしょう。 年齢・性別・家族構成などを考慮し、ゲストの事を考えて決める事で、きっと喜ばれる引き出物選びが出来るでしょう。 注意したいのは、NGと呼ばれる類のものは選んではいけません。

まずその代表的な物が刃物類で、これらは切れる、というところから縁が切れるという事を連想しやすい為、縁起が悪いとされています。 また結婚式では基本的に偶数は割り切れるからという事で、破談を意味してしまう為に避けるべきと言われています。 昔は割れ物に関しても、同様のイメージをしたものですが、現在は特に問題ないとして多くの方が利用されていますが、年齢を重ねている人等に贈る場合には、古い考え方をお持ちの方もいらっしゃる為、注意するとよいかもしれません。 この他遠方から来たゲストには、あまりがさばる物や重い物を避けるのもマナーといえるでしょう。 せっかくの結婚式ですから、良い思い出となるようにしたいものですね。

結婚式での引き出物選びのポイントについて

引き出物を用意する必要があるのが、招待状に対して1枚に付き1つとされています。ご夫婦を招待した時は、招待状で連名にした際には引き出物も1つの用意で問題はありません。ひとつの家族にひとつ用意する考え方で間違いありません。

同居をしている家族から、万が一別々にお祝をもらうようなことがあれば、同じものを用意するのではなく違ったものを用意するのがベターです。カタログギフトであれば好きなものを選べますので、その様なパターンの際に特別に用意する必要もありません。結婚式ではそういった工夫や配慮が必要となります。

結婚式の引き出物で定番となるもの

定番となっている引き出物を出したほうが、相手の方には良いように感じられます。もし変わったものを出して、あまりいいように感じてくれないならそれは嫌なことです。結婚式は定番とされているものが良いとされ、それを提供したことでより満足してもらえるのです。

最近はマイプレシャスが多く利用されていますが、これはカタログギフトとして商品を選んでもらい、後から考えて貰える方法となっています。こちらを使っている方が、成功するチャンスは多いとされ、満足度アップに期待が持てます。利用されている方の多くは、定番から考えてもらうことを狙っています。

引き出物もこだわりたい結婚式

新郎新婦が結婚式の引き出物を選ぶ際、マイプレシャスのカタログギフトを選択する方も近頃では増加しています。招待ゲスト全員に同じ物を手渡す従来の方法と異なり、年齢や性別、生活環境や好みに応じた贈り物が可能となるよう、一人ひとりに合わせた物を選択することができます。

さらに宅急便などによる受け取りもできる事から、式場から重い荷物を持って帰るということも省けます。素敵なウエディングが満足できるものとなるよう、せっかく受け取る物であれば、少しでも実用的であったり好みに合ったりしているものを手にしたい方も多いでしょう。

引き出物に関する記事