初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

結婚式場の選び方について

近年では結婚式の在り方も多様化し、さまざまな結婚式場がでてきています。又、本やインターネットで結婚式場の紹介も多くされていますが、写真の加工などがされていて実際と違って見えますので、気になる会場がありましたら、余裕を持って見学に行ってみることです。

会場の雰囲気をみることも大切ですが、ゲストが来てよかったと思える様なサービスや料理、利便性などゲスト目線で考えることも、重要となって来ます。又、ご年配のゲストにも配慮できるかどうかも、見極めることが大切になってきます。総合的にみて決めて行くことが大切です。

多様化している結婚式場とは

希望する結婚式のスタイルに合わせて、今では様々な結婚式場が利用されています。100人以上の大きな結婚式にも対応できるホテルの式場や、親しい友人や親族だけで行う、最近人気の少人数の結婚式なら、チャペルや教会、またレストランなどが結婚式場として利用されています。

もし、白無垢の和装に憧れている人なら神社で行うこともできますし、また結婚式だけをあつかっている専門式場なら、和洋どちらでも対応できます。また一軒家であったり、ある建物を貸しきりにして行えるゲストハウスなら、アットホームな雰囲気でおもてなしができます。

結婚式場を予約する方法

たくさんのブライダルフェアに行って、様々な会場を見て、「ここに決めた!」という結婚式場を見つけることができたら、まず予約をいれましょう。できれば1度見に行った際に「いいな」と思ったら仮予約をしておくことをオススメします。

特に会場が1つしかないようなところでは、大安の日はあっという間に埋まってしまうのです。予約を入れられるのが1年以上先になることもありますので、気に入った会場を見つけたらすぐに予約をしましょう。そこから正式な見積もりをもらったり、人数の確認をしたり、当日の流れを確認したりといった打ち合わせが始まります。

結婚式場についての考え方について

いざ結婚式をおこなうとなると、いろいろな準備と費用が必要となってきます。結婚式は夫婦でおこなう最初のイベントとなります。しかしながら男女間での熱量の違いが、どのカップルにおいても存在するようで、喧嘩をしてしまう人たちも中には少なくないようです。

一大イベントとなりますので、お金をかける人たちも多いようですが、そこだけに考えがいってしまうと危険な方向になりかねないと言えます。結婚式場での当たり前はあってないようなものですので、そこにとらわれずに二人らしい結婚式をおこなうことが、最も重要となってきます。

結婚式場で1.5次会を行うポイントとは

1.5次会は、二次会と披露宴の間の結婚式を言います。通常の結婚式とは異なり、1.5次会は会費制となりますので、ゲストへの負担も軽くなります。又、自由度も高く、ある程度の格式とカジュアルさを持っているのが人気の理由です。

費用を抑え、結婚式を大げさにしたくないカップルに人気でここ最近急増しています。このようなニーズが数多くあることから、結婚式場でも1.5次会のプランが登場するようになりました。結婚式自体が多様化されていますので、それぞれのメリットデメリットも押さえて、自分たちに適した形式を選ぶことが大切です。

結婚式場ごとのウエディングの詳細について

結婚式をおこなう会場は、都市部を中心としてさまざまな場所でおこなえるようになっていて、それぞれの会場の特性により雰囲気や、おこなえる演出も変わってきています。そのようななかで、しっかりとした結婚式場をセレクトしていかなければなりません。

ウエディングは一生に何度もおこなえるようなことではありませんので、後悔のないように進めて行くことが重要になります。式場選びに迷った場合には、結婚式を経験している友人や、結婚式場がおこなっている見学会やブライダルフェアなど、積極的に参加して行くことが重要になります。

結婚式場に関する記事