初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

かまぼこを引き出物として贈る

今では食器やカタログギフトを引き出物として贈る事が多いかと思います。

また、全国的に縁起物としてかつおぶしを贈る地域も多いようですが、富山県や周辺の地域などにおいては引き出物としてかまぼこを贈るという風習がある様です。と言っても、普段私達が口にしている様な物ではありません。

結婚式の時には、特別なかまぼこが贈られる場合が多いようです。おめでたい事があった時の象徴として使われる事が多い鶴や鯛などの形をした物が多く、見た目はとても豪華な感じがします。結婚式にぴったりと言えるでしょう。

あまり大きな物だと食べきる事ができないので、近年では比較的小さな物が用いられる事もある様です。みんなで食べられるので、いいですね。

渡す人によって違う引き出物の金額

結婚式に参加する人にとって、楽しみの一つは引き出物です。料理と並んで新郎新婦のセンスが試されるところであり、いいものを選べば、式自体の印象もよくなります。引き出物を選ぶときにまず困るのが金額です。

親族、上司、友人や同僚など渡す人によって予算を分けているカップルが多いようです。親族へは7,000円から12,000円、上司へは5,000円から10,000円、友人や同僚へは3,000円から7,000円が相場になっています。親族や上司はご祝儀を多く包んでくれることがあるので、引き出物の相場も高くなっています。

引き出物の専門店で購入

早く無難な商品を引き出物として決定したい場合には、結婚式場と提携しているお店が扱う商品から選ぶのもいいと思われます。こだわりがないのであれば、わざわざ外部から引き出物を選ぶ必要がない場合もあるでしょう。

しかし、少し人とは違う引き出物にしたい場合などであれば、引き出物をメインとして扱っている専門店で探してみるのもいいでしょう。と言っても、引き出物の専門店はオンラインでショッピングを行う事が可能な場合が多いので、空き時間を使って検索するだけで、どんな商品があるのか調べる事ができます。もちもん、気に入った物が見つかった場合には、そのまま購入して贈り届けるという事もできます。

食べ物を引き出物に選ぶ

私たちが使う物ばかりではなく、食べ物を引き出物に選ぶ事もできます。しかし、食べ物を引き出物に選ぶには、選ぶ商品によっては適さない事もある様です。引き出物として選んだ物は、結婚式会場の中で常温のまま長い時間置かれる事もあり、長時間の移動に耐える物である必要があります。

そして、引き出物は賞味期限が短いと食べきる事ができません。特に一人暮らしの人に賞味期限が短い食べ物を引き出物として贈ると、食べられない可能性は高いと思われます。これらの条件を満たしている物を考えると、やはり結婚式での定番となりますが、最終的にはバウムクーヘンなどのお菓子となってしまう事もあるかと思われます。

バッグにもこだわりたい引き出物

どんな商品を引き出物として選ぶかという事も大事ですが、引き出物を入れるバッグ選びも手を抜く事はできません。引き出物を入れるバッグは何種類が用意されている事もあり、その場合にはウェディングのカラーなどを考慮して自由に選ぶ事ができます。

引き出物を入れるバッグは普通の紙袋ではなくて、より大きな物を入れる事ができ、表面は防水加工が行われている物が多いでしょう。また、結婚式の引き出物にふさわしい様に、高級感のあるデザインの物が多い様に感じます。カタログギフトの場合には小さい物でも大丈夫ですが、食器などを入れる物となれば、かなり大きな物が必要になります。バッグにもこだわりましょう。

引き出物はゲストによって贈り分けしてもよいのか

結婚式に出席して頂いたゲストの方々に渡す引き出物ですが、様々なゲストを招待していた場合には引き出物をどのようにすればいいのか迷う方も多いと思います。そこで今回は贈り分けについてご説明します。まず引き出物をゲストによって贈り分けしてもいいのかどうかという事ですが、もちろん大丈夫です。

多くの場合、友人と上司、そして親族では頂いたご祝儀の額も違ってきます。そのため、当然ですが皆さん同じ品物を同じ品数だけ入れるというわけにはいきません。そのため、多くの方が友人、親族、会社関係といったカテゴリーで分けて品物を考えるようです。友人のカテゴリーの方には年相応にフランクな使いやすいものを、親族には礼儀を踏まえつつそれでも堅苦しくないものを、会社関係の方には失礼のないように一般的なものをお渡しするなど自分の立場、相手との関係性、ゲストの年齢などを考慮して品物を選ぶことをおすすめします。

特に、ご祝儀の額が多くなると思われる方には他の方よりも品数を多くするか、1品の値段を豪華にするなどといった配慮は必要となります。そのため、事前に相手の立場や自分との関係性を踏まえてある程度のランク付けをしておくことが大切です。

宅配が利用される引き出物

以前は大きな物や重たい物を引き出物として贈る際には、宅配が利用される事もありましたが、最近では重たい物や大きな物ではなくても、宅配で引き出物が贈られる事もあります。引き出物を宅配で贈るメリットはいろいろあります。

まず、引き出物を会場に持ち込む必要はありませんので、持ち込み料を節約する事ができます。また、ゲストにとっても、重い引き出物を運ぶ必要はありません。そのため、結果として移動が楽になります。

ゲストによって大きさが異なる物を贈った際にも、その違いに気付かれないというメリットもあります。そのため、贈り分けをする際に商品が選びやすく感じられる事でしょう。宅配の活用を検討してはどうでしょう。

地域で異なる引き出物

結婚式の際には、お祝儀をゲストからいただきますので、引き出物を贈るというのが全国的にマナーとなっています。しかし、よく見てみると引き出物は地域によって、かなり異なる部分もあります。引き出物を贈る時にそれぞれの地域の風習に関しては、どこまで取り入れるのかという事はカップルによって違います。

若い人の場合には、引き出物を決める時に地域の風習はあまり考えないという人もいる様です。また年配の人の場合には、引き出物において伝統などにこだわる人もいます。また、結婚式においても上品で落ち着いた雰囲気を希望する事もあります。新郎新婦が、これならきっとゲストが満足して使ってくれるという物を選ぶといいでしょう。

引き出物に関する記事