初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

結婚式場に持ち込む引き出物

よく言われるのが、結婚式場に引き出物を持ち込むとお金がかかるという事です。結婚式場に対して引き出物の持ち込み料が発生します。しかし、最近ではネットで簡単に引き出物を手配する事ができる様になりました。

また、結婚式場に持ち込むから費用がかかるので、持ち込まないでゲストの自宅に直接贈ってくれるというサービスもあります。また、セールとして販売されている物を引き出物に選ぶと、持ち込み料を支払っても、それほど高額にならないというケースもあるみたいです。

もちろん結婚式場が用意してくれる引き出物を選ぶのもいいでしょう。結婚式場のルールをよく確認してから、いいと思える物に決定したいですね。

カップルの年齢と引き出物

もし若い新婚カップルが引き出物を贈る際には、同世代の友人がゲストになる事も多いと思いますので、比較的カジュアルな引き出物を選ぶ事もあるみたいです。あまり堅苦しい感じにはしたくないと考える場合もあるみたいです。

しかし、ある程度の年齢のカップルとなれば、引き出物を選ぶ際には、大人として常識があると思われる様な引き出物を選ぶ事もある様です。引き出物は結婚する夫婦の年齢によっても若干異なる場合もあるかと思われます。

また、二人とゲストの関係性を考えて決める事もあるみたいです。二人の年齢差があまりなく、年が近い場合には決めやすい事もあるかと思われますが、年の差が大きいなら、贈り分けもいいでしょう。

熨斗について知りたい引き出物

結婚式の際に贈られる引き出物には熨斗がかけられている事もあります。この引き出物の熨斗についてもマナーがありますので、間違ってしまうと失礼になる事もあるので注意しましょう。とは言っても引き出物の熨斗については、自分で作業を行うのではなくて、お店の人が行ってくれる事が多いでしょう。

しかし、引き出物の確認をしないといけない事もあるので、マナーについては知っている方がいいでしょう。引き出物の熨斗には結婚する二人の名前が記載されているのが一般的です。以前は苗字を記載する事が多かった様ですが、最近では名前だけを記載するケースというのもある様です。プランナーと相談して決定するといいでしょう。

引き出物を渡す意味とは

結婚式では引き出物を渡したり、またはもらうこともあるでしょう。今ではそれが当たり前になっているので、ほぼ全国各地の結婚式で見かけます。何となく習慣として贈るものと思っているかもしれませんが、元々は新郎新婦が来てくださったゲストの方々に感謝の気持ちを込めて渡すお土産という意味合いでした。特に披露宴の料理の一部を持ち帰る事が多かったのですが、衛生的な面からそれは殆どなくなっています。

現在では引き出物はお祝いを頂いたお返しとして渡すものというように変化しつつあります。よく年代に合わせて相場が幾らになりそうなのか、頂くご祝儀の額を考えつつ贈り物を分けて用意するのは、来て頂ける感謝もあるのですが、それ以上に気を使う日本人らしい考え方に基づいていると言ってもいいでしょう。

お贈りするものは地域によってかなり差がありますが、基本的には贈り物、引き菓子と合わせて合計数が奇数になるように準備します。昔はそれこそめでたい席でお渡しするものだったので大きいものを用意していたのですが、現在は遠方からも来て下さる方に配慮をして、カタログギフトを用意したり、後日発送できるようなタイプのものを用意して渡すなど、時代に合わせて変化をしています。

結婚式の引き出物、夫婦の招待客には?

結婚式に来てくれる招待客の人の中には家族全員で来てくれる方や、夫婦で揃ってきてくれる方もいます。その際に引き出物に関してはどのようにしたらいいのでしょうか。基本的な考えとしては家族単位で一つと考えます。

御祝儀をいただいた単位ごとに用意するのが一般的です。しかしそれではいささか心苦しいといった場合には夫婦で使用できるペアのワイングラスや、子供には別途お菓子を用意したりなど、自分達なりの工夫を加えると喜んでもらうことができますよ。またカタログギフトなどでしたら、2人で選んでもらうことも可能ですのでピッタリなのではないでしょうか。

引き出物から見える結婚式

様々なウェディングのパターンが見られる中で、引き出物は結婚式の全てのカテゴリーの中でも、招待するゲストへのおもてなしとして重要な事の一つでもあります。より満足感のある贈り物として注目が高まっているのは、マイプレシャスのカタログギフトです。

受け取った方がそれぞれ好きな商品を選択できるため、年齢や性別、さらに好みに応じた品物を受け取ることができます。新郎新婦の気遣いやセンスを十分に感じ取られる要素として、こだわりたいものでもあります。自分の思い通りの演出ができることにより、さらに素敵な思い出となるウェディングが進められます。

引き出物に関する記事