初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

結婚式の引き出物を節約する方法とは

結婚式を行うにあたって、さまざまな部分でお金が発生してきます。できる限り節約をして、料理などにその分の費用をかけたいと思う新郎新婦は多いようです。引き出物は結婚費用の中でも大きなウエイトを占めていますので、節約をしようと考える傾向にあります。

式場が提携する業者は割高ですのでインターネットなどを利用して業者を探すと割安な業者を見つける事があります。また、式場によっては持ち込み料がかかってくるケースがありますので、そのような場合にはゲストの自宅に直接配送するようなサービスを利用する事ができます。そのようなサービスを利用することで、ゲストの負担を軽くすることもできます。

両親に結婚式の引き出物を贈るのか

結婚式を挙げる際には両親が健在なのであれば、両親が参加してくれるかと思います。その際に両親には引き出物を贈った方がいいのか、贈らなくてもいいのか、ご存じですか?よくよく考えるとどちらがいいのか迷ってしまいませんか?

結論だけ言ってしまえば両親へ引き出物をプレゼントする必要はありません。なぜかというと披露宴の中で記念品を挙げるようなイベントを考えている新郎新婦も多く、そのため、改まってあげないという夫婦が非常に多いようです。ただ、「折角だから受け取ってほしい」という観点からプレゼントされる方も勿論います。

結婚式の思い出にもなりうる引き出物の存在

結婚式によばれたら、料理、衣装、会場の雰囲気など楽しみは数えきれないほどあります。そして何よりも忘れてならないのが、引き出物です。最近は、ネームインポエム、カタログギフトが人気です。

ネームインポエムは、贈る相手の名前の文字を詩にしたもので、フレームに入れて贈ります。贈られた相手は、自分へのメッセージがこめられた作品に感激してくれるでしょう。もらってからも飾り続けてくれることが多いです。カタログギフトは、好きな商品を選べるのでもらっても無駄になりません。男性専用、女性専用に分けられたカタログもあります。

マイプレシャスの引き出物を利用する理由について

マイプレシャスの引き出物は、カタログギフトの中でも人気があります。なぜならば幅広いジャンル分けがされていて、ゲストに合わせてカタログギフトを渡すことが可能だからです。

また、歴史が40年以上あるからこそ、祝いごとへのニーズや商品を熟知し、提案してくれているからです。名入れやのし、写真付きのメッセージ作成、送料無料などの幅広いサービスに応えてくれるからです。

そういった喜ばれる工夫や細やかな配慮があることから、マイプレシャスのカタログギフトを利用する人が多いのです。ゲストに喜んでもらうためにも、こうしたサービスを利用することをおすすめします。

結婚式での引き出物の内容について

結婚式に出席をしてくれたゲストに対して、お礼やおもてなしの気持ちを込めて贈るのが引き出物です。最近では式場が提携している業者の他に、百貨店やインターネットなどで依頼することができます。

種類も豊富で、最近もっとも選ばれているのがカタログギフトと言われています。ゲストが選ぶ事ができるので、喜ばれる引き出物と言えます。また、もらって困ると言われているのが、名前入りの記念品や重さのあるものなどです。

いろいろ考えすぎてしまうと、プレッシャーがかかってしまいますが以下のポイントを抑えれば大丈夫です。ゲストが持ち帰るという事と、消耗品を選べば概ね大丈夫とも言えます。

結婚式で必要になる引き出物について

友人や会社の上司などの結婚式に出席した際に、気になるのが引き出物です。専門の式場などで式を挙げる場合には、料理やおもてなしにハズレはないのですが、ゲストの印象を変えてしまうのが引き出物です。どのような品物を選ぶかで新郎新婦のセンスが問われます。

趣味が合わないのは仕方がないことですが、結婚式でもらったものを捨てる事はできず、持て余してしまうケースが数多くあります。その様な失敗をしない為にも、カタログギフトがおすすめです。特にマイプレシャスのカタログギフトは、幅広い世代や好みを考慮して作られていますのでゲストにも好評です。

引き出物に関する記事