初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

チャペル見学やドレス試着ができる結婚式場京都のブライダルフェア。

ウエディングから二次会まで!

京都のフォトウエディングで美しい写真を撮影しよう。結婚写真の前撮りもおすすめです。

引き出物を贈るなら

結婚式引き出物にカタログギフトや宅配サービスを利用して負担の少ないものへ。

TOP 引き出物 結婚式引き出物 流行しているカタログギフトの引き出物

流行しているカタログギフトの引き出物目次

  1. 流行しているカタログギフトの引き出物
  2. 結婚式で友人に贈る引き出物
  3. 引き出物のランクを理解しよう
  4. 地域で異なる引き出物事情
  5. トレンドの引き出物とは
  6. 予算から検索できる結婚式引き出物
  7. ゲストの家族構成と引き出物
  8. 1人暮らしの人に贈る結婚式引き出物
  9. 持ち帰りの負担も考慮して引き出物を選ぼう
  10. 美味しい物を引き出物に贈る
  11. ゲストが喜ぶ引き出物
  12. 価格帯に気を付けたい引き出物
  13. 結婚式の引き出物と流行について
  14. 引き出物の選び方
  15. 幸せをおすそ分けする引き出物の伝統

流行しているカタログギフトの引き出物

情報サイトなどで紹介されている事もあるカタログギフトは流行している引き出物の一つではないでしょうか。しかし、カタログギフトの引き出物は流行しているからと言って、選択する人とそうではない人とがいる様ですね。

流行しているからという理由のみならず、軽くてコンパクト、そしてゲスト自身が好きな物を引き出物として選ぶ事ができるというのもいいですね。種類が充実しているので欲しい物を選ぶことができます。

結婚式で友人に贈る引き出物

結婚式で友人に贈る引き出物の内容ですが、同年代が多いようであれば、自分がもらったら嬉しいもの、個人ではなかなか買わない高級なものというアイテムが喜ばれそうです。

友人の年代層がバラバラの場合は、選ぶのが難しそうなことからカタログギフトを贈るという方法があります。カタログギフトは贈る金額が決まっており、その金額の中でカタログギフトに掲載されている商品の中から好きなものを選べます。

引き出物の内容を考える必要がありません。贈る側としては購入する時間も省けますから、とても便利な結婚式の引き出物のアイテムとなっています。

引き出物のランクを理解しよう

引き出物の品質のランクに関しては、今や幅広い世代の消費者の間で注目が集まっており、特に結婚式の際に便利な商品の特徴をじっくりと理解することが肝心です。 例えば、国内外の有名なブランドのアイテムについては、利用価値の高いものとして評価されていますが、具体的なデザインや機能性などをしっかりと確認することがおすすめです。

現在のところ、大手の結婚式場において、引き出物の選び方に関して、無料相談のサービスが充実しており、仕事や家事などの都合に応じて、時には専門のスタッフと打ち合わせをすることが良いでしょう。

引き出物に関する記事

地域で異なる引き出物事情

ウェディングの引き出物事情というのは、全国で同じではなくて、地域によってかなり特徴が異なります。地域の風習などを反映した上で引き出物選びをするのもいいですし、あまり考慮しない事もあります。年配の人は地域の風習を考慮する事は比較的多い様ですが、若い人の場合にはあまり考慮しないというケースもある様です。

引き出物については、親からアドバイスをもらう事もある様です。この機会しか贈る機会がない貴重な物ですので、引き出物を決める時には、両家の意見を参考にするといいでしょう。まずは自分達の地域に、引き出物に関してどんな風習があるのかという事を知る所からスタートしてはどうでしょうか。

京都でウエディングを挙げるなら「ウエディング京都」でググりましょう。

トレンドの引き出物とは

結婚式に出席した際、新郎新婦の晴れ姿も楽しみですが、それとは別に引き出物が何かということを楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。披露宴に出席すると新郎・新婦からゲストの方々へお土産という形で引き出物が渡されます。時代とともにトレンドが変化しており、その時代・時代を反映するものでもあります。

それでは現在はどのような商品がトレンドになっているのでしょうか。一昔前まで圧倒的な人気を誇っていたのがカタログギフトでした。カタログギフトは冊子をゲストの方にプレゼントし、その冊子の中に掲載されている商品から1つ欲しいものを選ぶというものです。カタログギフトが出る前は食器が多く、持ち帰るのが重いという声や食器ばかり要らないという声がありました。

そのため、好きな商品を選ぶことが出来る上に、配送されてくるということから人気を集めていました。ですが現在では自分らしさをだしたいという方が多く、商品にプラスしてカタログギフトがセットでついているパターンが人気を集めています。例えばグラスとカタログギフトがセットになっており、カタログギフトにはワインやビールなどが掲載されておりセットのグラスを使って飲むことが出来たりどんぶりとセットになっており、カタログギフトにうどんやそばなどが掲載されておりセットのどんぶりを使って食べることが出来たりというものです。ただカタログギフトを渡すよりも自分たちの思いを届けやすく、人気があります。

予算から検索できる結婚式引き出物

どんな結婚式引き出物にするかという事を考える際には、まずゲストに対していくらの引き出物を贈るかという事を先に検討している人は多いでしょう。結婚式の引き出物の価格に関しては自分で考えているだけでは分からない事もありますので、両親やウエディングプランナーなどにアドバイスをしてもらうといいケースもあります。

結婚式引き出物は、予算から検索するという事が可能な場合もあります。希望の予算に該当する結婚式引き出物だけを閲覧する事ができますので、その中から気になるアイテムを選んでみましょう。予算を最初に決めておくと、商品選びがかなりしやすく感じられる事もあります。商品がなかなか決まらない時は、選びやすくなる様に工夫しましょう。

ゲストの家族構成と引き出物

どんな物を引き出物として選ぶといいか迷った時には、ゲストの家族構成について考えてみるといいでしょう。結婚して子供がいる人と、一人暮らしをしている人であれば、かなり事情は異なります。もらって喜んでもらえる引き出物も違ってくる事でしょう。

家族がいる人であれば、たくさんの量が入った引き出物でも分けて使う事ができますが、一人暮らしの人に量が多い引き出物を贈った際には使い切る事ができずに困る事もある様です。

友達など親しいゲストであれば、趣味や趣向が把握できているので引き出物を贈る際にも、どんな物がいいか検討しやすいでしょう。

上司などに贈る際には、かなりしっかりと検討する人もいます。

1人暮らしの人に贈る結婚式引き出物

結婚式に来てくれるゲストの中には一人暮らしをしている人もいるでしょう。その様な人にどんな結婚式引き出物を贈るといいか、考えてみましょう。これまでに一人暮らしをした経験がある人であれば、その経験を活かして結婚式引き出物を選ぶといいでしょう。

一人暮らしの人に贈る結婚式引き出物としては、その人自身に使ってもらえるという事が大事になります。引き出物の中には小分けになっていて、保管する事ができる物などもあります。

できるだけ一人で使い切れる物は結婚式引き出物として贈ると、きっと失敗しないでしょう。選べる商品の幅が広いというのは、自由なのでいいですが、たくさんありすぎると逆に迷ってしまうという人もいる様です。

持ち帰りの負担も考慮して引き出物を選ぼう

結婚式の主役は新郎新婦ですが、お祝いに来てくれる参列者にも素敵な一日を過ごしてもらえるような心遣いが大切になります。結婚式引き出物についても配慮が必要で、好みに合うものであるのはもちろん、持ち帰る際に負担にならないかということも考慮しなければいけません。

遠方から出席される方もいるでしょうし、参列者は華やかな場を盛り上げるためドレスアップしてくるので、両手いっぱいに抱えなければいけないような品物は避けるべきです。もしも食器や花瓶などの割れ物、重量があるもの、かさばるものを贈りたい場合には、結婚式引出物宅配サービスを利用するのがおすすめです。

美味しい物を引き出物に贈る

特に、引き出物として物が欲しい分けではないという人であれば、美味しい食べ物を引き出物として贈るという方法もあります。

引き出物として贈るには、冷蔵庫が必要ではない物や、賞味期限が長く、保管しやすい物などが適しているでしょう。

また、新鮮で美味しい物を引き出物として贈りたいという意見もありますが、それなら、グルメばかりが掲載されているカタログギフトを用いる事で、簡単に高級グルメを引き出物として贈る事ができます。そして、商品を直接ゲストに対して手渡したいという場合には、調味料などを選ぶ人もいます。贈り方次第で、いろんな物を選ぶ事ができますので、どんな物がいいか考えてみましょう。

ゲストが喜ぶ引き出物

ゲストに贈る物だからこそ、何を引き出物として贈れば満足して使ってもらう事ができるかという事について考えている人が多い様です。

結婚式においては、引き出物を贈るのが風習となっていますが、引き出物は贈らないといけないから贈るというのではなくて、せっかくの機会となりますので、感謝の気持ちが伝わる様な素敵な引き出物となればいいでしょう。

たくさんのゲストがいると、それぞれ好きな物は違いますが、できるだけ引き出物は受け取る人の事を考えながら選ぶ事ができればいいでしょう。今は贈り分けというのが主流となっていますので、個別に選ぶ事もできます。余裕があれば、贈り分けを検討しましょう。

価格帯に気を付けたい引き出物

自由に好きな物を選んで引き出物として贈る事ができますが、そんな中でも価格帯に注意する必要があります。特に引き出物の合計の金額が平均よりも大幅に低い場合には、ゲストに対して失礼になります。

その場合には、引き出物をもう一点追加するなどして、できるだけ平均的な金額に近づく様に工夫するといいでしょう。ゲストとして参加する人の中には引き出物を楽しみにしている人が多い様ですので、期待を裏切らない様にしましょう。

引き出物として売られているアイテムは、何段階かの価格帯に分かれている場合もあり、その中から自由に組み合わせる事で、平均的な金額となる様に工夫している専門店もある様です。

結婚式の引き出物と流行について

結婚式を挙げことが決まった時、決めなくてはいけないことが沢山ありますが、その中でもとても大切なのはゲストに送る引き出物です。

最近の流行は送り分けや宅配サービスなどがあります。参列してもらったゲストに同じものを渡すのではなく、親族、会社の方、友達などグループに分けて金額や内容を変えて渡す事です。

また、グループではなく参列してもらった一人一人内容を変える方もいます。準備は大変かもしれませんが、ゲストの方の満足度は高くなりそうです。

また遠方から来る方や、行き帰りで手荷物を増やしたくない方、二次会に参加するので身軽で行きたいなどのゲストの方には家まで宅配してくれるサービスを使うのも流行です。

引き出物の選び方について

引き出物はひと昔で言えば、「鯛のお砂糖」が一般的な傾向にありました。ですが、今は全くといっていい程見かけません。

では逆に、何が多くなったのかと問いかけても、これといった代表的な品物は思い浮かばないかもしれません。強いて言えば、カタログギフトでしょう。

その日に持ち帰る手間も省け、後から好みの品物を選べるという利点があります。こちらが品物を選ぶかわりに、相手の方に選んで頂くというスタンスは、まさに現代の象徴です。

自分達から相手側に委託する事によって、引き出物の選び方の幅は、ぐんと広がりましたし失敗もありません。

幸せをおすそ分けする引き出物の伝統

引き出物と言って思い出されるのは結婚式でしょうか。引き出物はさかのぼること平安時代から長く続く温かい日本の伝統です。

いつの時代も相手を思いやり、喜ばれるもの、幸せのおすそ分けといった贈り物を送ることで幸せが長く続くようにという思いもこめられているのです。

近年の結婚式では招待客への配慮からか自分で選ぶことのできるカタログを送ることも多いようです。それもまた相手への思いやりとしての選び方の一つなのです。

その土地の風習や年代によって送られるものは様々ですが、そのどれをとっても受け取る方を想った素敵な贈り物です。

メニュー

結婚式場選びから二次会までHOME 結婚式場 京都結婚式場 結婚式場京都 ウエディング京都 ウエディング 引き出物 結婚式引き出物 引き出物カタログギフト

Wedding Information 結婚式場選びから二次会まで!では、ウエディングで重視される結婚式場や引き出物といったコンテンツをご紹介しています。引き出物として贈られる注目のカタログギフトや京都の結婚式場といった知っておきたい情報をピックアップ。当サイトへのお問い合わせはこちらから。