初めてのウエディングですから、何をどうすればいいのか手順が理解できずに迷ってしまうことも多いと思います。まずは、インターネットなどで雰囲気の気に入りそうな結婚式場をピックアップして、実際に結婚式場に出向いて、プランナーやスタッフに相談してみましょう。

理想の結婚式場とは?

ウエディングから二次会まで!

引き出物を贈るなら

サイズが合わない結婚指輪

これから結婚する二人が一緒に結婚指輪を買いに行くのであれば、正確な指のサイズを把握して買う事ができますが、男性が一人で買いに行って女性にプレゼントする場合であれば、サイズが分からず、実際の大きさと多少異なる事もあります。

結婚指輪が小さすぎる場合には、指に入らなくなってしまいますし、大きすぎる場合には隙間ができてしまい物に引っかかりやすくなるのでちょっと危険ですね。

そんなに大幅なサイズ調整はできない事もありますが、少し程度であれば、購入してからお店に持って行くとサイズ調整を行ってくれる事もあります。

これなら、もしサイズが違っていたらどうしようという心配は軽減する事でしょう。

結婚指輪をはめない理由

結婚する時に手に入れた結婚指輪は、時間が経つと指にはめる事が少なくなったという人もいます。一応手に入れたけれど、結婚してから全くはめていないという人もいます。

結婚指輪をはめない理由としてはいろいろある様です。何か作業をする時には邪魔になる事があり、指輪に傷が付くのではないかという心配をしたり、もしくは衛生的な事が気になったりする人もいるみたいですね。

普段からアクセサリーは身に付ける事がないので、指輪をはめる事に抵抗があるという人もいる様です。

他にもデザイン的な事で、買った時の好みや流行などが変わってしまったという事もある様です。日本では指輪ははめないという人も結構いるみたいですね。

結婚指輪を連結できるセットリング

結婚指輪と婚約指輪の両方をもしも贈られた場合には両方身につけておきたいけれども、一度に指にはめる事はできません。

そこで、結婚指輪と婚約指輪を一つにまとめてしまう事ができる物もあります。そして、一つにまとめる事ができる指輪の事をセットリングといいます。

セットリングは見た目も自然でおしゃれな物が多いのが特徴です。二つの指輪を連結する部分のデザインがポイントとなってきます。婚約指輪を買う時点から結婚指輪についても計画しておく必要があります。

また、女性が二つの指輪を同時にはめる事になりますので、ボリュームが出てしまう事もあります。はめた時に、負担にならない様な物がいいですね。いい物を選びましょう。

結婚指輪を選ぼう

結婚指輪は円形であることから終わらない輪、つまり永遠の愛を意味しています。

一般的に左手の薬指にはめます。それは左手の薬指の血管と心臓がつながっているからという説があります。一生身につけるものだから流行に流されず、飽きのこないデザインの結婚指輪を選ぶ方が賢明でしょう。

また、フィット感もつけ心地がよい結婚指輪を選ぶようにしましょう。購入する時はサイズ直しや傷の補正などのアフターケアができるかどうかを確認して選びましょう。また、内側に石を入れたり、メッセージを刻んだりするサービスもありますので、一生に一度の大切な買い物ですから、満足いくものを作りたいですね。

結婚指輪を買う時は下見しよう

いきなり訪れたお店で結婚指輪を買ってしまうのではなくて、できれば下見を行って買うといいかもしれませんね。

ジュエリーショップはたくさんあると思いますので、気になるお店があれば何軒も行ってみて、どんな物があるのかまず調査してみましょう。

更にネットで商品について調べておくのもいいでしょう。
気に入った物があっても、すぐに買ってしまうのではなく、他の結婚指輪も見てみると後になって気が変わったりする事もないでしょう。

結婚指輪は大切な物ですので、本当にそれでいいのか考えなおしてみましょう。

いいと思った物についてはお店で実際にはめさせてもらうなどするといいでしょう。
付け心地も大事ですね。

ウエディングに関する記事